目眩を起こした時、一体何科に行けば良いのか分からないという人もいるのではないでしょうか? もし、目眩を起こした時は、まずは耳鼻科に行ってください。 なぜ耳鼻科なのかというと、目眩の原因は大抵の場合、耳に関係していることが多いからです。 耳に何かしらの異常があった場合、目眩を引き起こす可能性が高いのです。 そのため、目眩が酷いと感じた場合は、まず耳鼻科の医師に相談してください。 そこで、原因が耳ではないということになれば、脳神経外科や神経内科を紹介されるはずです。 また、病院によっては、めまい外来や平衡神経科といったところが設けられていることもあります。 近くの病院にそのような科があれば、耳鼻科ではなく、最初からめまい外来や平衡神経科に行かれた方が良いでしょう。 それに、あまりにも目眩が酷かったり、頭痛、吐き気、意識障害といった症状が出ている場合は、重大な病気によって引き起こされている可能性があるので、自力で病院に行こうとせずに救急車を呼んでください。